老眼は止めるから治療する

老眼は正式には老視と言い、年齢とともに発症するリスクが上がり40才を越えるあたりから自覚症状が出ることが多いようです、過去、老眼治療は治療によって改善と言うより点眼薬により進行を遅らせる、症状の進行を止めると言った治療などがなされてきましたが、現在では治療によって直すことの出来るようになっています、そのひとつが、近視治療や遠視治療でも行われているレーシック手術で、年齢上昇によるレーシック手術のリスクも、医療技術の進歩によって大きく改善され、多くの患者さんがレーシック手術を受け症状が改善出来る時代に変わってきています、しかし老眼治療のレーシック手術には遠視近視と同様に医療用レーザーを使いますので患者さんの目の状態によっては老眼治療が受けられないケースもあるので気を付けなければいけません。

none